車修理工場の選び方 修理するならディーラー民間どこが良い?

HOME>安く修理できるところは?

お店選び

「安く修理をすませたいけど、いったいどこに車をもって行けば良いのか分からない。」

安くする方法はわかっても、それをどこならやってくれるのか、そういった問題も出て来ると思います。

自動車を修理してくれるところは、色々ありますので、いくつか説明していきたいとおもいます。
それぞれの形態でメリット・デメリットがありますので、必要に応じて選択してください。

スポンサーリンク

目次

修理を頼めるところを大まかに分類すると、

  • ディーラー
  • 総合店型
  • 小規模・専門店型

このようになります。

中古車を販売しているところや車検をやっている場所でも、ボディーの修理を受けてくれるところもあります。
ただ、そういったところは外注にでる場合が多くなりますので、あまりお勧めできません。

ディーラー

まずはディーラーからご説明します。

みなさんご存知の、メーカーの車を販売しているところになります。
中古車ディーラーなど、メーカーに属さない場合もディーラーと呼びますので、ここではメーカーの看板を上げた販売店の説明になります。

そもそもディーラーですので、車の販売がメインになります。
修理がメインではありません。

ですので、修理を下請けにだすこともありますし、わざわざ安くする必要もありません。
工賃で稼ぐ業態でもありませんので、修理の際は部品交換が基本で、交換部品も多くなります。

安さを求めれば、メリットはほぼないといえます。

ディーラーを利用する必要があるとすれば、板金も出来ず、中古も使えない場合です。
安く修理する方法が全くなく、新品部品を交換するしかないというケースになります。

例えば完全に割れて修復不可能なバンパーで、中古も見つからない場合などはディーラーで良いと思います。

同様に保険を使った修理の場合も、状況によりますがディーラーで良いと思います。
保険をつかう場合の説明はこちらページをご覧下さい。

上記にあてはまらないようであれば、修理で利用する必要はあまりないと思います。

ただ、安さを求めなければメリットはあります。

メリットとして真っ先に考えられるのは、品質や保証などが期待でき安心できるということでしょう。
手作業で行う板金の品質が良くないとはいいませんが、部品の交換なら確実に形はもどります。

板金や塗装は腕に依存しますので、確実性でいうとどうしても交換には劣ってしまいます。
ちなみにバンパー以外は交換でもほとんど塗装しますので、塗装に関しては同じ条件になります。

また、メーカーの看板を背負っていますので、保証という点でも良いと思います。
仕上がりに問題があった場合でもクレームをつけやすいのではないでしょうか。

もう一つのメリットとして考えられるのは、探しやすいということです。
ディーラーであれば、都市部ならある程度距離をとって点在しています。
当然インターネットで検索すれば、直ぐ分かりますので非常に探しやすいでしょう。指名検索していることになりますので。

修理ならディーラーは高くなることがほとんどですが、必ずしもそうとはいえませんので、相見積りをとる候補の一つ、と考えればよいでしょう。

総合店型

総合店型とは、新車・中古車の販売、板金塗装、車検整備、自動車保険など、車に関わる多くの分野を総合的に行っているところです。

規模が大きく自動車のことなら何でも相談できます。

こういったところでは、修理もディーラーに準ずるかたちになります。
基本的に部品の交換が多くなりますので、安さを求めるならあまりお勧めできません。

それでも、ディーラー以外は部品交換での儲けは少なくなりますので、板金するところもあるかもしれません。

メリットとしては、事故等で廃車にする可能性もあるような大きな修理の場合です。
基本的には修理のつもりでも、意外に見積りが高く買い替えを検討する場面もあるかもしれません。

保険を使う場合は、仮に修理しなくても保険金がおりる場合があります。
それを買い替えの費用にあててもかまいません。

総合店型なら、修理の場合と新しい車に買い替える時の比較検討もおこなえます。
これは意外ですが非常に大きなメリットです。

他に乗りたい車がある場合、修理費用に少し足して程度の良い中古車にのる、ということも考えることが出来ます。

ディーラーでも買い替えを進めてきますが、基本新車になってしまいますのでメリットとは言いにくいと思います。

また総合店型では、文字通り自動車関係の仕事を広くやっています。
普通に車に乗っていると、ボディーの修理より車検に出すほうが多くなると思います。
オイル交換やタイヤの買い替えなどもあります。

そのたび別々のお店を探したりするのは手間になりますが、総合店型なら全て頼むことが出来ます。
そういったことも十分メリットではないでしょうか。

ちなみに探し方ですが、インターネットはもちろんのこと、深夜などでCMをやっていることがあります。
そういったところは規模が大きい会社ですので、検索してみると良いでしょう。

小規模・専門店型

上記の総合店型と反対にメインで扱う分野が少ないところです。
規模が大きくなければ、沢山の分野をカバーしにくくなりますので、メインが板金塗装のところになります。

外装の修理を安くするなら、こういった小規模で板金塗装をメインとした修理店に依頼するのが一番安くなる可能性があります。

ディーラー以外は部品の仕入れが高いということは既にお話しました。
販売価格の10%を少し超えるくらいの利益しかありません。

10万円分の部品を売っても1万円程度にしかなりません。
こうなると修理する方としては、部品を交換するメリットはあまりありません。
しかもデメリットは少なからずあります。

部品に種類がある場合などは注文するのも手間になったり、部品が間違って届くこともあります。
入荷に時間が掛かる場合もありますし、お客様にキャンセルされることもない訳ではありません。

自動車の部品は高いものが多くなりますので、こういったことが意外にストレスになります。

また修理全体の利益としても、ドアなどで無理なく板金して修理できる場合は、交換するより利益が多くなることがほとんどです。

こうした事情から、修理する側としても板金した方がよく、依頼する側も安くなるのでお互いに好都合になるのです。

ただデメリットももちろんあります。

組織は大きくなればなるほど、規律が増え対外的な営業活動もルール化されます。
小規模の場合はその反対になり、見積りや接客あいまいになります。

また、メインが板金の修理店では下請けをやっていることが多くあります。
受ける先はディーラーや中古車販売店になります。
その場合、見積りや接客は元受がしていますので、そもそも見積もりや接客が不慣れの可能性もあります。

とっつきにくい部分がありますので、そこがデメリットになるかと思います。

ただ、下請けの仕事は非常に安く、けして割の良い仕事とはいえません。
そういう事情もありますので、いったことのない修理店でも歓迎されますので、遠慮なく見積もりに行ってください。

最後に探し方ですが、やはりインターネットでの検索になります。
後述しますが今は便利なサービスがありますので、気軽に問合せもできます。

まとめ

それでは最後にお店選びのまとめになります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、とこが良いかは状況によって変わってきます。

それでも安さという点だけに絞れば、小規模な板金塗装がメインの修理店が一番確率が高くなります。
ただ、絶対とはいえませんので、上記を参考にまず2〜3件見積りをとりにいくのが良いでしょう。

具体的な修理工場・ショップの探し方はこちらにまとめましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク

お勧めの車修理店の探し方!

修理工場の探しかた
「修理に出したいけど、どこに車をもって行けば良いかわからない・・。」
いざ修理と言ってもお店や修理工場が分からないという方も多いと思います。
そこでお勧めの修理工場の探し方をご紹介します。


HOME>安く修理できるところは?

 

人気ページ

※当サイトに記載されている価格につきましては、可能な限り実際の修理金額に近くなるよう考慮していますが、グレード・装備・設備・お店の設定・価格の改定等がありますので、記載価格・日数はあくまで参考としてご活用頂きます様お願いします。





このページのTOPへ